【夫婦で】一年の棚卸&目標を話し合う方法

今日はもう大晦日ですね。
大掃除や古くなったものをメンテナンスするように
人間関係や自分のあり方もすこし棚卸ししたい時です。
我が家は夫が多忙な事もあり、普段一緒に過ごせる時間は少ないので
こういった機会に今年のまとめをしています。

私たち夫婦がうまくやっていくには
お互いの夢や目標を理解しておくという大切なステップがあります。
それは今では定期的に行っていますが
年末年始の確認作業はとても大切なものとなっています。

今回はどんな風に一年のまとめ&目標を立てているかをお話ししたいと思います。


8db460a4e0242e127cdf1f5b1ae856c0_s①子どもが寝静まった夜中から開始

②まずは「ありがとう!この一年本当に助かりました」と感謝の気持ちから。
今年お互いの一番頑張ったと思うところ、良かった所を
伝える。

③新年の目標は最初は漠然としていてOKで、話しながら具体的にイメージしていく

⑥逆に最初から具体的すぎる場合はなぜそうしたいのか、聞き手が戻していく。
 (たとえばすぐにお金の目標になってしまう場合はなぜ必要なお金なのか)

⑥途中で遮らずに言葉がでなくなるまで聞く

⑦具体的に何をしたらいいかわからない時はアドバイスをもらう

⑧目標なので、課題に対してその場で解決しようとしなくていい

 

基本的に夫の目標はすべて仕事についてです。
でも仕事についての目標を知っておくことで何か不満があっても
「今は大切な時期だから許そう」という気持ちの変化がありました。
また「そういう風に仕事を頑張っているのか」という新鮮な気持ちも生まれました。

⑨目標は変わってもいい。〇〇やるって言ったよね!?は言わない

最後に相手や自分の目標や夢が途中で変わっても責めないことにしています。
そこでお互いに指摘しあうことで高められる夫婦もいると思いますが
私たちはそこまで強くなく、簡単に挫折します。
これを言い合うと目標を共有するのが嫌になってしまうのです・・・・

その時にまた話し合って、自分のできるレベルにまで下げていきます。
こんな風にして目標をお互いに共有しています。

みなさんはどのように今年のまとめ&目標を立てていますか?
もしまだ夫婦で共有したことがない人は一度トライしてみてくださいね♪

 

 

 

噂の「8秒抱っこ」の効果は?(ほぼ)毎日実践中♪

みなさんは「8秒抱っこ」ってご存知ですか?
子どもが抱っこに満足する最短時間が「8秒」とのことで
たった8秒でもぎゅう~と思いっきり子どもを抱きしめてあげることで
親子の絆が深まるというものです。

乳幼児期は抱っこ星人(おんぶ星人)だった子どもたち。
正直なところ「少しで良いから離れてほしい」といつも思っていました。

でも少し大きくなって入園すると
今度はまた新たな悩みが出てきます。
空気を読んで我慢することができるようになってきた子どもたち。

親としてはありがたい事がほとんどなのですが
今度は「寂しい」「もっと甘えたい」
なんていうSOSに気づきにくくなっているのも事実です。

「あ、そういえばたくさんお話したけど一回も抱っこしていないな」
という日が増えてきました。
乳幼児期には想像もできなかった事です。

そんな時、園からのお便りで知った「8秒抱っこ」
8秒というのは「8秒でなければダメ」というわけではなく
「たった8秒でいいから」という意味合いだと思います。
それより長くてももちろん満足感を得られると思いますが、
長すぎると今度は毎日続けるのがお互いに負担になってくるのかもしれません。

そういう意味で「8秒」ってとっても絶妙な時間で、
片手間ではできないので、一度何かの作業を中断して
抱っこだけに専念する必要がありますが
「作業が中断されてイライラする」ほど長くはありません。

大人でいうとちょうど深呼吸1回分くらいの長さらしく
大人も子どもを抱っこすることでリラックスしたり
気分転換になるみたいです。

私は「毎日これをやる」。
と日課を決めるのが苦手で
やったほうがいいとエビデンスがあったとしても
「毎日しなきゃ」と思うととても嫌になってしまいます。

ですが、珍しく「8秒抱っこ」は続いています!

なぜならば、子どもが毎日催促してくれるからです!

1日1ページひらがなワークをやろう!
なんて決めても、たぶんうちの子たちは
「今日はワーク忘れてるよ」なんて催促してきません。
恥ずかしながら親子で忘れてしまうタイプです。
とにかく気持ちよくて、「8秒抱っこ」が好きだから
忘れずに催促してくれているのがわかります。

効果のほどは・・・?
「賢くなった!」とか「やさしくなった!」とか
「落ち着いている!」
など目に見えてすごい変化があるわけではありません。
落ち着きはないですし、兄弟ケンカだってします。

でも、「8秒抱っこ」をねだりにきてくれる子どもたちは
たまらなく愛おしく、「8秒」では物足りないとおもう位
抱っこしていたくなります。

ですので、子どもの変化
よりも
私の変化
の方が大きかったような気がします。

特に上のお姉ちゃんは私がバタバタしていれば
我儘をいったりすることはありません。
でも、うっかりずっとバタバタしてしまい
お姉ちゃんが甘えられる時間を最近作ってあげられていませんでした。

「聞き分けの良い子ほど大変」
と言うのは最近感じつつあります。

私が娘の聞き分けの良さに甘えてしまう事が多々あり
「お姉ちゃんもまだ6歳なんだよなあ」と反省することも。

そんな日々の課題を解消できたような気がします。

そしてひとつ、兄弟の性格のちがいでとても面白い事を発見♪

上の娘は「先に〇〇(弟)くんから抱っこしていいよ」と
弟に先に抱っこするように譲ります。
息子はすぐに「じゃあ先にやるー♪」と抱っこしてきます。

娘に「〇〇(娘)ちゃんが先にやっていいんだよ?」というと
「だってもったいないんだもん~」と言うんです。

ショートケーキのイチゴを先に食べるか後に食べるかと同じです。
ケーキのイチゴのように
私との抱っこを楽しみにしていてくれるという事は
とても嬉しいです♪

年末年始 義実家で心からリラックスできるようになった理由

fd37288ed74849d3a740e35e0fc50e40_s義理のお母さんやお父さんが
意地悪をしてくるわけではないのに、
なんだか心が落ち着かない、疲れる・・・
何も気が付かない夫に腹が立つ
年末年初のイベントごとに気が重い。

今回のママコラムではそんな私が
「義実家で心からリラックスできる」ようになったワケを
お話したいと思います。


義理のお母さんは気もつかってくれて、いつも優しくしてくれていました。
でも電話がかかってくると
「ああ・・・なんか出たくないなあ」なんて
思ってしまい
居留守をして後でメールで返信したり
イベントごとで張り切る姿にウンザリしてしまう事がありました。

また、義母は家事が大得意、育児にも手を抜かずにやってきました。
夫曰く「(子どもの頃から)シンクに水滴があったことがない、
いつも鏡のようだった」とのこと・・・
私といえばシンクに常に何かある状態。

まさに家庭科で習ったようなお掃除を常に徹底的に行い
料理も大得意で、毎日栄養素を計算して献立を作っていた
そうです。

それでいてフルタイムで働いているんだからもう勝てる要素がありません。
でも「なんて嫁を貰っちゃったんだ」
「こんなことも知らない(できない)なんて」
と思われたくない
一心で
とにかく「義実家ではフットワーク軽く動こう!」と思っていました。

「手伝えることはありませんか?」
「これは私がやります」

と私もいつも義母の動き《今は何をしてるか》チェックして
いました。

それなのに、なんだか関係がギクシャク。
お互いに気を使っているので、お互いに疲れてしまうのです。

義実家に帰ると家に戻ってから
蕁麻疹が出たり、寝込むのが当たり前の状態でした。

そんな私がある日夫に
「何を手伝っても
(できてない)(間違ってる)と思われてそうで嫌だ」
愚痴ったことがありました。
すると
「家事は手伝わなくていいんじゃない?」と
他人事の回答。自分は自分の実家だから良いよね!と
腹が立ちそうになった時
「楽しそうにしてる、おいしそうにご飯を食べる、それで頼まれた事をきちんとやる
それでいいんじゃない?」

確かに全く「楽しそうにできてなかったな」と、
食事中はいつも義母に目を配っていて
「作ってもらったご飯、ちゃんと味わってなかったな」と
反省するところもありました。

動かないけど〇〇する嫁に

それから私は義実家であまり動かないダメ嫁になりました。
その代わり
夫の事をたくさん褒めたり(これはとっても喜んでいる)、
普段のお話をたくさんしたり

おじいちゃんおばあちゃんの話し相手になったり。
出されたご飯をおいしそうにたくさん食べたり
みんなを写真に撮ったりする役に回りました。
頼まれたり、困っていそうな時は手伝って
終わったらすぐに居間に戻りました。

するとどうでしょう。

義母との距離がとっても縮まったのです。

働かない嫁の方がなぜか可愛がられるようになったのです。
「ああ、これで良いんだ」
「お手伝いさんを増やしたいのではなく、家族を増やしたいんだもんな」と

今は私ができることしかしません。
特に一眼でみんなが一緒にいる姿を撮りアルバムにまとめる
仕事はとても喜ばれています。
そして義実家の前では必ず夫に感謝の気持ちを伝えます。
すると家族みんなニコニコしてくれます。

「ダメな嫁と思われないように動かなきゃ」という
気持ちがなくなって
「義実家で楽しく過ごす」ことにシフトした今
義実家が自分の実家と同じような場所になりました。

何年かかけて距離をつかんだ私たち。
今では長電話する仲になりました。

もし義実家に行くとストレスを感じる方は
思い切って気を使わないのもアリかもしれませんよ!?

【なんおこ】「私がなんで怒ってるかわかる?」は時間の無駄


「私がなんで怒ってるかわかる?」
いう痴話喧嘩あるあるシーン。
女性が男性に怒る場面として話題になっていますが、別に男女関係なく
こういう事は起こります。
そして男女間だけではなく、子育てでも上司と部下でも起こり得る事です。

みなさんは夫や子供に対して言ったことはありますか?

もし無くても
「私は怒ってるぞ!」というオーラを精一杯出して

「何か怒ってる?」
「何か悪い事言ったかな?」という言葉待ちの事ってありませんか?

私もまだ新婚時代、
これをよくやっていました。
そして
「気が付かない方がおかしい」と当たり前に思っていました。
「わかるようになってほしい」などというトンデモ勘違いもありました。

自分の行動や言動、振り返ればわかるよね?
ついこの前にも約束したよね?
わかってるなら一声かけるのが普通だよね?

結局、以前書いた通り
その後私たち夫婦は離婚への道を歩んでいくのですが
色々な切欠もあって再度やり直すことになります。

やり直す上で
「なんおこ」はお互いに完全封印しました。

今は百害あって一利なし、位に無意味な事だと思っています。
それは怒る側も怒られる側も一緒です。

時間の無駄
エネルギーの無駄
余計なすれ違いや怒りを産す

もし「なんおこ」クイズに運よく正解しても
結局は怒り始めるのです。
「正解したから許す」なんて事はありえないんです。

やっぱり不正解なら「はずれた」事に対しての怒りが増しますし
言わないことで相手のイライラや悲しさを生み出すことになります。

私たちはもし何かの行動や言動で腹が立ったら
即座に言います。
場面上言えない時でも言えるタイミングですぐに言います。

「今の言い方〇〇って所が悲しかったな」とか
「今は〇〇してほしいと思ってる」とか

なるべく具体的に言うようにしています。

そうするとほとんどが些細な勘違いやすれ違いで
結構くだならい事だったりします。
相手に悪気がないことがほとんどです。

でもそのすれ違いも積み重なっていくと修正できないほど大きな溝に
なってしまう事を知っています。

日頃そうしていても大きな喧嘩に発展することも稀にあるのですが、
仲直りのための喧嘩で
相手の気持ちをを知るためにしていると思えば
何てことありません。

もちろん、夫だって私に
「今の言い方腹立つな~」など即座に言ってきます。
私もすぐに謝ります。
そうすれば1分で終わることです。
そして次回から気を付けます。
もし何度言っても直らない場合は違うアプローチが必要な事なんだと思います。

一方で「なんおこ」クイズを出題していたら
1時間も2時間も、長引けば日をまたいでしまうんですから。

これは特に子供に対してはしないように心がけています。
そうしないと
「怒っている」と「疲れている」「元気がない」などの区別が
つきにくくなってしまうからです。
怒ってるときは「ママは〇〇してるから怒ってるんだよ」と常に表明することで
しなくていい場面で顔色を窺ってビクビクする事も少なく
なってくるのではないかと思います。

「なんおこ」クイズは無意味です。
するなら
何で嬉しそうにしてるかわかる?
の「なんうれ」クイズにしてみたら、みんなが楽しくなるかもしれませんね。